国内とは異なる海外の治安事情

日本でも治安のあまり良くない地域はありますが、海外ではその比ではありません。国によってはスリが横行していたり、しばしば恐喝が行われたりしている地域もあります。日本国内は治安が悪いという地域でも比較的温和な状況が整っていて安全なのです。海外に行くときには行き先の治安はよく確認しておく必要があります。観光客がよく訪れるから安心だという考え方も浅はかであり、場所によっては警察が常に立っていても事件が多発している観光地もあるからです。情報を収集して覚悟を決めてから行かないと現地に行ってから怖くて怯える毎日になってしまうかもしれません。しかし、入念に情報を集めてから海外旅行に行けば、たとえ治安が悪い地域でも身を守って楽しむことはできます。

滞在先に応じた対策が大切

治安が悪い地域であっても、地域の努力によって安全地帯が作り上げられていることがよくあります。少なくとも滞在先のホテルはその地域から選ぶという方法で治安の悪さによる不安を克服できるでしょう。どうしても行きたいところがあるけれど、治安の悪さが問題になっているというときには現地でガードマンを雇える場合もあるので調べてみると効果的です。ツアー旅行が組まれている場合には旅行会社が適切なガード体制を整えてくれるので安心して行くことができます。必ずしも生命の危険を伴うような地域ばかりというわけではありませんが、先進国だから大丈夫、発展途上国だから危険といった違いもありません。滞在先によって異なるので、安全かどうかは必ず確認して、不安があるなら対策を立ててから出発しましょう。